男が女を買う!首都圏の風俗嬢を遊びつくす!

首都圏の風俗の楽しみ方

俺は首都圏で一人暮らしをしています。俺が住んでいる首都圏にはいろいろな風俗があって、そういう店での気持ち良さを俺はいつも堪能しています。最近は、オナクラ、イメクラ、デリヘルと利用していくことにハマっています。もちろん全て首都圏の店です。まずオナクラで、お気に入りの嬢に自分でしているところを見てもらいながら気持ち良くなります。そして、そのままイメクラに行って、嬢に責めてもらうコースを堪能するんです。このコースはものすごく俺のお気に入りで、嬢に責められる場面を想像するだけで、堪らなくなってしまいます。イメクラで気持ち良くなったあとは、自分の部屋でデリ嬢とのいちゃいちゃを楽しみます。もちろん、がっつりとプレイも楽しんで、嬢の口でされながら最後を迎えるのがお気に入りの風俗の楽しみ方です。もちろんいつもこんな楽しみ方ができるわけではありませんが、これを1日がかりで楽しむと、俺の旺盛な性欲も、しばらくは落ち着いてくれるんです。

俺の好きな首都圏の熟女な風俗嬢

俺、熟女が大好きなんです。若い女の子の引き締まった体のラインよりも、熟女のちょっと崩れたラインに魅力を感じてしまうんです。そういう体を想像しただけで、体が反応してしまいます。こんな俺ですから、風俗も熟女や人妻専門の店を利用しています。俺は首都圏に住んでいるんですが、首都圏にはそういう専門の風俗が結構あるんです。その点で、首都圏は俺にとって住みやすい場所ということができると思います。それで熟女の話ですが、俺は最近自分の部屋に熟女なデリ嬢を呼ぶことにハマっています。そして、熟女なデリ嬢のテクニックで、めちゃくちゃ気持ち良くなってるんです。俺のお気に入りの熟女なデリ嬢は、口でのサービスが絶品な熟女なんです。いやらしい目つきで俺を見ながら口でくわえ込む表情は、俺を最高に興奮させます。嬢がわざとたてるいやらしい音と激しい刺激で、俺はすぐに我慢ができなくなってしまいます。そしてそのまま自分の欲望を全て搾り取られてしまうんです。

冬場の首都圏の風俗の楽しみ方

出張で首都圏によく行くのですが、冬場でも食事や飲みにでかけることはあっても店舗は避けがちになります。やっぱり冬は寒いのでできれば外に出たくないです。シャワーを使ったあとに、ホテルまで帰るとなると風邪を引いてしまいます。そのため冬場はデリヘルを利用するのですが、これが実にいい。日本でも有数の歓楽街が多いので、スレている女の子とばかり思いきや、意外にも全然スレておらず、下半身だけでなく心までスッキリと癒されます。若い子だとスレていないのも当然と思われるのですが、20代後半~30代の熟女(失礼)でもあまりスレていません。よくある風俗嬢のようになにかに追われるということもなく、風俗で遊んでいるという感覚がありません。やはり首都圏にはいろいろなタイプの風俗嬢がいるのですね。冬場以外は箱ヘルもお勧めですが、癒しや恋人感覚を求めるのであれば、デリヘルのほうがお勧めです。他の地域では楽しめない、首都圏ならではの楽しみがありますので、ぜひ行ってみてください。

首都圏ツーリングの思い出

バイクが好きで、長期休暇がとれるとロングツーリングに行くのですが、一人旅を続けていると溜まるものは溜まります。バイクツーリングとなると汚れるのは当然であり、経験談であるような女性との出会いなどはほとんどありません。あったとしても連絡先の交換くらいで、一晩の思い出なんて十数年前に旅館に泊まったときに一度くらいです。貧乏旅行なのですから、野宿やキャンプがほとんどで宿泊施設には一回のツーリングにつき一度くらいです。その際も利用するのは、簡易宿泊施設かラブホを使い費用を浮かします。ラブホを利用するときについでに溜まったものを処理しようとするのですが、前回の首都圏ツーリングでも、ラブホを利用しました。首都圏の風俗といえばたくさんありますが、ツーリングに寄る田舎では期待しておらず、抜いてもらえばいいという程度でしたが、フリーできた子は都会に負けず劣らずの高水準の風俗嬢で、サービスはもちろんのこと、貧乏がにじみでている私にも王様気分にさせてくれました。首都圏の風俗恐るべしといったところです。今度の泊まりもここにしようと思いました。